2011年7月27日 (水)

どっちが大きい?

2011072601

先日ホームの止水域インレットに残された足跡と私の足跡を比べてみた、泥で滑りやすくずれて大きく見えるのだろうけど、真新しく生々しい爪痕がはっきりくっきりである。

すっかりここも羆の通り道になった様でイブニングに行きづらくなりましたね、この日は魔除けを定期的になしながら居ましたけど。

2011072602

2011072604

でもねぇ、こんなのが釣れるとなればやはり行くしかないでしょう。

釣り師の性、いや「釣りバカ」ですね。

北海道弁で「はんかくさいんでないかい」。

それとその時の写した物で遠くて拡大したのですが。

下の写真判りますか?

2011072603

おぼれてる鳥・・・では無くて。

湖面にダイブしたおそらく鷹(種は判別不明)、猛禽類には間違い無いです。

何故、ダイブしたのか?遠くてハッキリと見えたわけでは無いですが、水面に居た魚に、狙いを定めてハンティングの為ダイブしたと思われます。

テレビの自然番組ではたまに見かける生態ですが、生で見ると遠くても凄い迫力でしたね、自然は逞しいですね良いものを見させて頂きました。

そして、次は携帯写真で見づらいですが、獲物の大きな鳥を咥えたキツネ車で通りかかった時に見つけ併走して撮影しましたが、逃げるわけでも無く一目散に何処かに向かってます。

110725_15290001

その先には。

そう、子狐がお腹をすかせて待っていました、親キツネは自分で食べること無く子狐に獲物の鳥を渡して座り込んでいました。

110725_153000012

自然の営みを連続的に間近に見て、少々感激した次第であります。

ただ・・・見たくない物もありますが 。(  ̄(エ) ̄)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

ついつい

今シーズンはもう行くこともないと思うのだが、安さもあってつい衝動買い、いずれもアムズデザインのミノーsasukeシリーズ。

P4060003

この2本は先シーズンから良く釣れたパターンの予備、カラーはキスとマコイワシで定価の二割引。

P4060004

そして上の2本は三割引きで安さに釣られて購入、カラーはブル稚鮎とボーラで定価の三割引き、ついでに(何がついでだか自分でもよく解らないが)マズメセイレイをプラス購入(ちなみに一割引)。

P4060005

最後にシンキングタイプの烈風イワシカラーも欲張って購入(1.5割引)。

合計、一ヶ月の小遣い3分の1の出費、これが高い買い物か、それともお買い得かは個人の価値観の違いになるとと思うが。

シーズン終わって衝動買いする自分・・・少し反省 (^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月31日 (金)

大晦日を迎えて

101231_12480001

101231_12430001

皆さん年越しの準備は出来たでしょうか。

最後のエントリーの画像がこいつじゃさえませんが、昨日の釣行記レポートも編集中であります、UPは明日以降になりそうですね。

今年は私的には大変な一年で有りました、今思えばバタバタと過ぎた一年で有りました、コメントくださった皆さん、またご訪問くださいました皆さん有り難う御座いました。

諸事情により年始のご挨拶は出来ませんが、皆様良いお年をお迎えください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

2010 新年のご挨拶

2009081540

昨年を振り返って見ると、釣りに行った時の写真フォルダが78もありました(笑)。

まぁ『だからなんだ!』とも言われそうですが、30分の釣りも含め78回も釣りに行く事が出来たのは、釣果は別として自分にとっては十分すぎると思いますね。

HPと同時に始めたこのブログお題に「釣りや山のレポート」とはしているが、山はクライムではなく春の山菜や秋のキノコ採りについてのレポとなってます、また開設当初仕事柄山に入る事が多かったのでこのお題となりました。(住んでいる所も周りは山ばかりですけれどね)

冒頭の写真は昨年一番印象の強かった渓のワンショット、道央圏の雄大な山岳渓流であります友人にガイドして頂きました、何時も道南の狭い渓に慣れた私にはとても刺激的で魅力のある渓でした、今年も機会があればまた行きたい場所でもありますね。

そして今年もまた道南の渓流を彷徨い歩くつもりであります、今年で5年目に突入となります単なる自己満足の記録を残し公開してるわけですが、良く続いていると自分でも感心しております、今後ともHP Mountain stream fishing共々宜しくお願いします。

それでは、釣り好きの皆さん今年も良い釣りが出来ますように。

1

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

新年明けましておめでとう御座います

2008060411

65 110 74 

なんの数字かって?

私のPCに有るフォルダの数なんです、なんのフォルダかって言うと釣りに行ったときの写真のフォルダなんですね。

順番に2006年2007年2008年のそれぞれの数になります。

2007年は諸事情で夏に自由人となってしまって、尋常じゃない数となってしまいましたが、全て一日中釣っている訳でもありません、春は山菜採り兼釣りとか、プチ釣行とかも含めてです。

まぁその時は家で燻っていてもどうにもならないので開き直りの状況でしたね。

昨年も少々それを引きずっていまして、結構な日数となりましたが釣り人としては良い一年でした。

私が今置かれている状況は決して良い状況とは言えません、しかし悩んでいても好転する訳でもありませんしね。

今年も暇さえあればロッドを片手にさまよい歩くつもりです。

昨年ご一緒いただいた釣り師の皆さん、コメントを頂いた皆さん有り難う御座いました、今年もお付き合い宜しくお願いします。

また、ご訪問いただいている皆さんも良い一年でありますように。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

December rainbow

Pc170001

12月でこんなに見事な虹を見るのは初めて、思わずはしゃいでしまいました。

(よく見ると二重になってます。)

季節はずれの雨、今も降ってます。

今年の様に寒暖の差が激しい年も珍しいのでは無いでしょうか、道南も根雪と思ったのですがまた溶けてしまいそうです。

今年は暖冬になるんでしょうかね・・・・・。

しかしアホですね、年甲斐もなく (^^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

さてさて

今週は月曜日からクレーム処理でもうストレスが溜まり、明日は現実逃避に行きます。

で今水に流せる箇所は、ウ~ン・・・・・・・・。

この時期はやはり止水かな?

先週は少し不満が残ったし、リベンジでブラウンのダムへと出掛けます。

明日も気温が低いようなので少し心配だが、果たしてどうなりますか。

Dscf0820

こんなのが出てきてくれると嬉しいのだが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

懲りない面々セカンド

昨日に引き続きshinyaさんと日本海で合流。

昨日別れ際にチライマンさんの情報を聞き、帰宅したのだが帰ってから釣りロマンを見たのが間違いでした、パラオでGTゲームオフショアでのルアーフィッシングをTVで見てしまった、これがいけなかった昨日も茶鱒1本しか見てないので「明日は何とか!」なんて思ってしまったのだ。

朝4時半に目覚めてすぐ日本海に向かった、途中shinyaさんに同行させてのメールを入れ情報の場所に爆走した。

しかしあえなく玉砕!!利別川にもよったがこれ又撃沈!!

今日は見せるお魚がありません・・・・・・・・。

Dscf2219

静かな海と

Dscf2223

大いなる川をご覧下さい。(T_T)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

さてさて

珍しく明日から三連休!"ヽ(´▽`)ノ"

天候を見ると、明日夜から崩れる予報である。

どうも日曜はアメ日和では無い様だ、それではやっぱり土曜に出撃でしょう。

ただベタっぽい様で、ベタベタもルアーマンとしては厳しい、またこんな事を言うと・・・。

Dscf2097

こんな事になっては困る訳で、明日は静かにお出かけします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

渓の記憶Vol.4

今日は遊楽部川最終回、本流のやや上流域を紹介します。

この時は盛夏の最中の釣行、ヤマメ釣りもやや収まり渓も静かな様子、天候もあまり良くない少し雨が降りそうな気配であった。

Dscf1366

そしてお出迎えは下の良い面構えのヤマメたち、この辺りは数は出ないがそれなりの型が出る。

Dscf1367

Dscf1368

上に上がるとこんな渓相所々深みが有り、この時はアメマスが溜まっていた。

Dscf1380

アメマスでは小ぶりだが1箇所で5、6本溜まっていた入釣もしやすくヤマメ釣りは多くはいる場所、解禁からそれなりに抜かれているが、ボサ下には型の良いのが潜んでいる。

Dscf1385

この川は途中に堰もなく多少護岸は施されているが、自然の残る川である。

支流には砂防が多い場所も有るが、この流域だけでも何日も釣りを楽しめる川だ。

この時のレポートはこちら。

    Mountain stream fishing  2006年8月12日 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧