« 撤収! | トップページ | 本日更新 »

2011年3月15日 (火)

悲しき春

悲しき春
道南に春の兆し、ふきのとうが顔を出し、越冬していた蝶も陽向に佇んでいた。
何時もなら心躍る春と言いたいが、今年は大変心痛む春である。
東北地方を襲ったマグニチュード9の大震災、そして想像をはるかに超えた大津波、被害に合われた方々また亡くなられ方々には、心からのお見舞とご冥福申し上げます。

仕事を終えて自宅で報道見て、被害の甚大さに心締め付けられる思いの毎日です。
ただ頑張ってくださいと書く事、少しばかりの募金しか何も出来ない自分に苛立ちを感じる日々でもあります。

しかし
こう言うしかありません。


春は必ず来ます。

ガンバレ日本!

|

« 撤収! | トップページ | 本日更新 »

コメント

BOBさんこんばんわ。私も同じ気持ちです。あの日はまだ道南の子会社で仕事中で、あのゆっくりとした大きな長い時間の横揺れを感じました。その揺れから遠くで巨大地震が発生した事を察知、PCで情報を見ると大津波警報が発令されておりました。どうするか初めての経験で判断に苦慮、防災無線の避難命令で操業をストップして全員非難場所に避難した次第です。いざ非難するとなると車は不足するは伝達がスムーズではないわ問題だらけ。幸いにも大きな津波は到達せず、事なきを得ましたが、大津波が来ていれば私たちも同じ運命をたどったものと思います。日頃からの危機管理、言葉では理解できても現実には全く駄目なレベルでありました。その後のテレビ報道を見て余りにもの惨状にただただ自然の力の前には何の力も無い事を改めて知らされました。今岡山に帰り親会社に勤務しておりますが、三陸方面の仕入れ先はほとんど消息不明です。わが社も会社や個人で義援金を送る話しが立ち上がっております。被災された皆様には何とか頑張って春を向かえてもらいたいと遠くからエールを送ります。

投稿: 工場長 | 2011年3月16日 (水) 午後 09時34分

工場長さん、こんばんは。
私は外の仕事で地震を感じる事が出来ませんでした。
私の近辺では見た目の津波被害は無い様に見えましたが、海の中は大変な状態の様で、ホタテ養殖にかなりのダメージを受けた様で、ホタテ養殖をしている漁師の中には養殖を止める方も多いようです。
私の知り合いも仙台にいて無事を確認出来ました、今回の地震で被害を受けた方にはその被害の大きさに兎に角頑張って生きて欲しいとしか、お見舞いの言葉もありません、また今後日本で各方面の産業の行く末がどうなるかとても心配していますが、今まで色んな苦難を乗り越えてきた日本です、必ず復活する事を信じています。

投稿: BOB | 2011年3月17日 (木) 午前 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しき春:

« 撤収! | トップページ | 本日更新 »