« 降ってますね〜。 | トップページ | 宴会中 »

2008年12月 3日 (水)

鳥崎川ブラウントラウト問題について

今日釣り仲間から携帯にメールが入った。

内容は(一応原文を載せます)

○○在住のフライやってる○○です・・ 突然のメールすいません。
お願いがありまして、名刺を頼りにメールさせていただきました。
本題ですが 今週の土曜日  3時から 森町の公民館で鳥崎川のブラウン駆除に関わる協議会が開かれます。役人さんが来て 漁業関係者や釣り人を交えて協議したのち駆除に踏み切るかもしれません。今年、辺切地川のブラウン駆除の協議会も北斗市で行われたのですが その時は 挙手による賛成、反対で駆除が決定されるところだったみたいです。たまたま釣り人の出席者が駆除賛成の方たちよりも多数だったため強行されなかったようですが・・・ 出来れば 釣り仲間に呼び掛けて出席願えればと思いましてご連絡しました。 鳥崎川をホームとしている 森町在住の方に呼び掛けています 土曜日なので仕事の方も多いと思いますが よろしくお願いします。

と鳥崎川のブラウントラウト問題に関する協議会と題する、実質駆除の協議会が開催されるようだ、色々調べると下記の内容で開催される様である。

          川における外来魚(ブラウントラウト)現地検討協議会開催のお知らせ

 ブラウントラウトは、ヨーロッパおよび西アジア原産で明治から昭和の初めにかけてカワマスの卵に混じって移入されたといわれています。サケ科の中ではもっとも魚食性が強いといわれます。
 ブラウントラウトの日本への最初の移殖は1892年とされるが、北海道への移殖はそれから一世紀近く経った1978年であり、釣り資源用として新冠人工湖に1万尾、静内川上流に5千尾の稚魚がそれぞれ放流されたものです。
 その後、主として釣り愛好家らによる発眼卵埋没放流や移殖放流で北海道での分布は急速に広がり、2001年までに40水系で生息が確認されている。
 魚食性が強いブラウントラウトから在来水産資源を守るための予防措置と道内でこれ以上の拡散を防ぐことを目的として、道は平成15年に「北海道内水面漁業調整規則」で移植放流を禁止した。
 渡島管内静狩川におけるブラウントラウト生態調査の結果で放流尾数の14.5%に相当するサケ稚魚の捕食が確認され、平成16年12月関係者との合意を得て駆除を開始した。
 また、北斗市の戸切地川でもサケ稚魚の食害が確認され、本年11月3日駆除について関係者の合意を得られた。

 鳥崎川においても、次のとおり開催しますので、お知らせします。



1 開催日時:平成20年12月6日(土)午後3時

2 開催場所:森町字御幸町132 森町公民館大会議室

3 内 容
  ・北海道における外来魚の状況
  ・鳥崎川におけるさけます増殖事業の概要
  ・鳥崎川における調査結果概要
  ・意見交換等

4 参集範囲
    渡島支庁管内各漁協、市町村、社団法人渡島さけます増殖事業協会、
    渡島支庁管内遊漁団体及び遊漁者
    水産林務部、水産孵化場、渡島支庁

5 参加申込
  (1)申込先1:水産林務部水産局漁業管理課遊漁内水面振興グループ
        TEL:011-204-5485 Fax:011-232-8972
        Eメール:suirin.gyokan1@pref.hokkaido.lg.jp

     申込先2:渡島支庁産業振興部水産課
        TEL:0138-47-9484 Fax:0138-47-9210
  (2)申込期日:平成20年12月3日(水)  別添「参加申し込み」により提出願います。

6 問い合わせ先
  ・札幌市中央区北3条西6丁目 北海道庁水産林務部水産局
   漁業管理課遊漁内水面振興グループ 主査(内水面振興)木村
   TEL:011‐231‐4111(内線)28‐415  直通:011‐203‐5485

残念だが私は仕事で参加出来ないが、参加可能な方は是非申し込みして参加してもらいたいですね参加申し込み期日は過ぎていますが。(飛び込みで参加OKと思います。)

当然、賛成反対は個人の自由です、ただおそらく協議会開催は駆除が前提の協議会でしょうが。

|

« 降ってますね〜。 | トップページ | 宴会中 »

コメント

BOBさん、こんばんは。
なんか突然ですよね。
関係団体等も(保護派)まだ知らない所が多いみたいで・・・。
日にちが無さ過ぎ!!(怒)。
この文を何時載せたんでしょうね?。
締め切りすぎているし!!。
駆除する為に汚いやり方?をしてきますね。
前回は失敗したので、今回は失敗しないように、ギリギリ告知ですかね?。
何なんでしょうかね。
汚いやり方に大変「怒」を感じますが!!。
賛否については人それぞれなので申しませんが、
行政のやり方には断固反対いたします!。
自分も仕事で・・・。

投稿: hal30over | 2008年12月 4日 (木) 午前 12時43分

hal30overさん、こんにちは。
このページよく探さないと出てこないいんですよね、隠すかのように掲示してます。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/ggk/torisaki
一応アドレスです。
まぁいずれにせよ、完全駆除は不可能と思われます、でもブラウンがここ以外にも広がっているのは問題とと思いますが。
駆除する前に魚道の整備を!不必要なダムは撤去せよ!ですかね。

投稿: BOB | 2008年12月 4日 (木) 午後 02時51分

BOBさん、こんばんは。
取りあえずは駆除なしと言う事で・・・。
でも戸切地と同じようにこの後、協議なのでどうなる事やら・・・。
ダム上は大丈夫だろうけど・・・。
取りあえずは、まだ顔を見に行けるということで妥協しておかないと・ですかね。

投稿: hal30over | 2008年12月 7日 (日) 午前 01時17分

hal30overさん、お早うございます。
結局今後の協議となったようですね、釣り人の私もブラウンにはお世話になってますので、正直ダム上の駆除はやめてほしいと思ってますが・・・。

投稿: BOB | 2008年12月 8日 (月) 午前 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106707/25879551

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥崎川ブラウントラウト問題について:

« 降ってますね〜。 | トップページ | 宴会中 »