« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

この一年に感謝

Photo

今年もあと僅か、

BOBにとって今年は公私共に激動の1年でありました。

このブログを通して、お付き合いいただいた皆様本当に有り難うございました、これからも宜しくお付き合い下さい。

そして仕事の愚痴や、くだらないことを色々とエントリーしてしまった事も有りましたが、ご勘弁下さい。

さて、今年のエントリーも最後としたいと思います。

今シーズンも渓流に行き、美しい渓魚達に逢えたこと、山の恵みを少しだけ分けてもらえたことを、この道南の自然に感謝するばかりです。

最後に閲覧していただいてる皆様、コメントを下さった皆様、渓で出会った皆さん、

来年も良いお年でありますように。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

新回想禄Vol.5

新回想禄は今回が最終回、予告通りおかしな構造物の奥に入ります。

Dscf1713 

この時のロケーションは最高でした、そして1本目は

2006102203

小さいですが出てくるのはニジばかり。

Dscf1716 

Dscf1717

そしてこのバーマーク魚道は機能していないがよく出てきてくれました。

2006102206

そして穏やかな流れが続きます。

Dscf1720

しばらく遡行するとゴルジュ帯の入り口に着きます。

Dscf1732

Dscf1740

Dscf1735

奥の様子はこのゴルジュがかなり続いているようです、ここで雨が降り出し流石にこの場所で雨はいただけません、ここで終了となりました。

そして途中には真新しいこんなのも・・・・

Dscf1745 

見づらいですが小さいのと大きいのが、親子ですね皆さん奥に行くときは十分注意と装備が必要です。

この時のレポートはこちら

Mountain stream fishing 2006年10月22日 気になる渓の釣行記

これで今回の「新回想録」シリーズは終了です、今まで2河川を紹介しました、訪問下さった方、コメントを下さった方有り難うございました。

また別河川を次回に載せたいと思いますのでお待ち下さい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

雪がない

雪かない

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

新回想禄Vol.4

今日は中流域を紹介します、この辺りが一番ヤマベ釣り師が多い場所です。

Dscf0997

流れも緩く遡行はしやすいのですが、それなりですねBOBはあまり入釣しませんね、

所々には形が良いのが居着いていますが、難しい印象が有ります。

Dscf0995

遅い時期にはアメマスが出る場所も

Dscf0998

魚種の判定が難しいのも出たり(おそらくニジだと思います)

Dscf0993

そして最下流です、この下の写真は一昨年の3月下旬です、この時は唯一のアメマスを1本ばらして悔しい思いをして帰宅しました。

03270001

そして次回はこの奥に入ります。

Dscf0986

変な構造物も有ります、残念ですが決して機能美と呼べる品物では無いです。

ほとんど・・・いや、まったく機能してません。

Dscf0988

この時のレポートはこちらの前半です。

Mountain stream fishing 2006年6月24日 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

新回想禄Vol.3

今回はこの渓の上流域のもっとも下に入ります「新回想禄Vol.2」の入渓地点から下って行きます。

Dscf0850

旧道のこの橋から降ります。

Dscf0851

この上と下の場所は同じ所ですが2週間ほどのずれで、これ程雰囲気が変わるとは、北海道の季節は早足で過ぎます。

Dscf0866

そしてお馴染みが顔を見せてくれます。

Dscf0865

下って行きます、ここまで来るにはチョットだけ勇気がいります、足跡がベタベタ付いている所を抜けてこなければなりません。

Dscf1598

さらに下ります、ここで流れが落ち着きますがこの下は

Dscf1599

このゴルジュ帯になります、大雨の増水にはどの様になっているのか、想像できませんね。

Dscf0872

そしてここで行き止まり、ヘツリはもちろん出来ませんし高巻くにも少し高くて遠慮させていただきました。

Dscf0874

ここは数は出ませんが遡行もしやすく春の山菜時期には丁度良い場所です。

今年の春はお世話になった場所です。

ここのレポートはこちら

Mountain stream fishing 2006年5月5日 2006年5月21日 2006年9月24日

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

新回想禄Vol.2

今回は前回の少し下流になります、旧道からアクセスしやすい場所で、少しは釣り人も入る場所です。

Dscf0881

まず入釣するとこの風景になります、ここですぐ迎えてくれます。

Dscf0883

少し上がります、この新緑懐かしいです。

Dscf0884

いいですね~!

Dscf0885

そして小さいですが滝にあたります、ここは結構深みとえぐれたとこが有り尺物が隠れてます、引っ張り出すのは苦労する場所です。

Dscf0888

そして高巻きして上から眺めます。

Dscf0889

ここを越えるとまたチョットしたゴルジュに出ます、やはり深みにはそれなりのイワナが居着いてます。

Dscf0896

前回も書きましたがヘツリや高巻く場所も有りますが、その苦労を充分癒してくれます。

Dscf0891

Dscf0894

この場所でのレポートはこちら

Mountain stream fishing 2006年5月27日

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

新回想禄Vol.1

新シリーズ「新回想禄Vol.1」

このシリーズは前シリーズ「回想シーズン」の少し南に位置した渓の情景です。

Dscf0824

ここの渓は下流域から上流域まで入渓しやすい川なのですが、道南はやはりヤマメ釣りが主流なのでこの写真の場所にはヤマメは居ませんので入釣者はほとんど居ません。

そして出迎えてくれるのは、お馴染みのこの顔です。

Dscf0823

型はそろっていて尺前後がポイントポイントで、このサイズがごろごろ出てきます。

Dscf0826

Dscf0833

遡行はそれなりに厳しい場所も点在して、ヘツリや高巻きが必要な場所が有ります。

Dscf0832

Dscf0847

ここは最上流部の下側になります、この川の中で一番好きな渓相です。

この時のレポートはこちら

Mountain stream fishing 2006年5月3日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

年明けにむけ

年明けにむけ

またついつい買い込んでしまった。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

回想シーズンVol.8

今回でこの渓での「回想シーズン」シリーズも最終回になります。

Dscf0167

残念ですがこの風景が最近出来てしまいました、そして当然の様に秋になるとアキアジ達がたむろしてます。

Dscf0165

そしてこんな下流で産卵行動も始める始末、魚道を付けたから良いなんて思っているのだろうか、今年の春にはサクラマスの遡上は確認出来なかったし秋にもサクラの産卵後の姿もすくなかった、このままで行けば来シーズンのヤマメはどうなるのか、今後が気になります。

Dscf0158

秋にはアキアジと共にアメマスが行動して顔を出してくれます。

春にはこんなカラフルな輩も顔を出します。Dscf0389

この姿が川いっぱいに見られれば問題なしなのですが。

Dscf0387

今回の「回想シーズン」はここまで

次回は別河川で「回想禄シリーズ」として新たにUPします。

予告!次回シリーズはこの渓です。

Dscf0858

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

回想シーズンVol.7

今日は予告通り、一番のお気に入りの区域になります。

ここは前回のVol.6のすぐ上になります。

10090010

この辺が何時もの入渓場所になります。

直ぐ出てくるのがこちら↓

10090013

ここから更に上流へ

10090016

まだ更にあがります、滝が有りますが魚は遡上できます。

Dscf1497

そしてまだ上に。

Dscf1495

ここを抜けて行くと魚止めとなる砂防ダムに行き着く。

Dscf1492

ここで昇りきれないイワナが群れている場所、ここでこの流域で自分の記録が出る事となる。

Dscf1487_1

Dscf1491

ここで何時も引き返す事になります、ヤマメも時々出てきます、今年はサクラの遡上も確認できました、来シーズンも元気なイワナ、ヤマメが遊んでくれるのを今から楽しみです。

この時のレポートはこちら。

Mountain stream fishing 2006年8月27日

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

回想シーズンVol.6

回想も今回で1河川でVol.6

今日は中流域から少し上流へ入ります。

Dscf1165

ここから入渓します、今年はここではタイミングがはずれたようで・・・

Dscf1168   

この辺りからポチポチと出始める。

Dscf0418Dscf0419

ここのお相手は解禁直後はヤマメがお相手してくれます。

Dscf1170

そして秋に入ると、こいつらが迎えてくれます。

11150004

今年の夏はここでは厳しい釣行でした。

この時のレポートはこちら

Mountain stream fishing 2006年7月16日

そして季節によって対象が変わる区域でもあります。

さてそんな訳で、次回はこの上流に入ります、この川で一番渓相もよく釣果の良い場所になります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

本日更新

12月17日の今シーズン最終釣行記本日アップしました。

最後の最後はホームで、まだまだ元気な尺イワナが、

お付き合いしてくれて終了となりました。

Mountain stream fishing

2006121712

2006121710

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

淡水最終戦

今日は淡水最終戦、挑んで来ました。

2006121702

これで釣りになるか?

別河川でこれ

2006121714

これで今年の釣りは終了なりますが、近々HPでレポートします。

これからはしばらく回想シーズンVol.いくつまで出せるか解りませんが、妄想にふけります。

今年はこのブログ、ホームページを開設して色々な方々が訪問されたと思います、まとまりの無い文面や、仕事の愚痴などくだらないことも書きましたが、今後も色々UPしていきますので、皆さんこれからも遊びにいらして下さい。

また、コメントを下さった釣り好きの皆さん、これからもヨロシクお付き合い下さい、来シーズンはフィールドでもお会いしましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

回想シーズンVol.5

予告どおり今日はVol.4より下流に行きます。

2006061820

Vol.4の場所まで余り変化が無く、穏やかな流れが続きます。

ここで釣れるのはこちら

2006061806

ヤマメですが数は出なかった記憶があります。

2006061810

ヤマメ解禁になると釣り人が多く、キープされる数も相当数あると思われます。

禁止されている事では無いので、何とも言えないが節度ある釣りを願いたいものである。

そしてここからまだ下流に向かう。

Dscf1404

かえって下の方が変化の有る渓相してます、この辺りは両岸がほとんど崖の様相で、入釣場所が限られいている、この写真の場所までは下から釣り上がると、それなりに歩かされることとなる。

そして釣れる魚は多いとは言えないです。

この辺の釣行レポートはこちらです。

Mountain stream fishing 2006年6月18日 2006年8月16日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

わーい!?

わーい!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

回想シーズンVol.4

今日はVol.4と言うことで一気に下ります、そう、ここも同じ川の中流域です。Dscf0140

下流を見てが上、上流を見てが下です。

Dscf0147

ここでお付き合いしてくれたのが下のアメマス君達。

Dscf0146

Dscf0137_1

釣り人一人には十分な数でした、ここは毎年お世話になってます、

当然今年も行きました、その時のレポートは

こちら Mountain stream fishing 2006年10月29日

でもここも時期によっては、熊さんがうろついているので注意が必要です。

そしてさらに下ると・・・「次回Vol.5に続きます」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

回想シーズンVol.3

今日の妄想はこちらVol.2の本流の最上流のまずは左股。

10250001

ここはイワナの生息は確認出来ましたが、あいにく(ボ)次は右股。

10250004

ここもイワナの渓です、そこそこ釣れましたが、残念ですがイワナの写真は残って無いです、m(_ _)m

そして、お決まりのこれです、高巻いて100m程行きましたが釣果がありませんでした、まだ奥へ行けばおそらく釣れると思いますが、単独では危険を感じたので引き返しました。

10250005

この場所は3年前に行ったきり、訪れていませんこの時は近くまで車が進入できたのですが、今は徒歩で行くしかないのですが、途中熊のテリトリーを通らなければならないので敬遠してます、機会があればまた訪問しようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

回想シーズンVol.2

今日の回想は昨日の続きであります。

そうですね巨石帯を越えた辺りからの情景です。

まずは落差20m程の巨石帯を下から 望む。

Dscf0412

上から見下ろす。

Dscf1206

そしてこれを越えるとゴルジュに出ますそれが下

2006080624

ここを越えられるのは夏の渇水時期、奥左の岩を越えなければなりません。

ここを越えると少し荒い渓になり

2006080630

そしてここを過ぎると下の平坦な渓に戻ります。

2006080649

何の変哲もない渓に見えますが、尺イワナの楽園でした。

2006080647 

そして残念ですがここにぶち当たりました。

2006080652

この砂防は一昨年に作られた様です、この穏やかな上流の渓で必要なのかは疑問でもあります、まだこの先は行った事は有りません、まだ新しいのでこの奥も釣り人を満足させてくれるイワナ達は居ると思うのですが、流石に一人ではしんどいです、これを見てお付き合いして下さる方がいましたらBOBまでご一報下さい。

この時のレポートはこちら

Mountain stream fishing 2006年8月6日

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

回想シーズンVol.1

皆さんのブログを拝見して、BOBも今年行った渓を今日から回想(妄想とも言いますが)してみようと思います。

まず第一弾です!

ここは、7月16日に訪れた渓です。Dscf1200

ヤマメ解禁から一ヶ月も後でしたが、30オーバーのこいつが釣れた今年一番の思い出深い渓 の上流です。

Dscf1184

そしてこの風景の中で立ち込んでいる、BOBの姿です。

Dscf1201

この巨石帯を越えると尺イワナのテリトリーになります、この日は越えられませんでしたが8月6日に越える事が出来ました。

その時釣れたイワナがこれ。

2006080637

ルアーをキャストすると、このサイズが3、4本争ってルアーを追ってくる光景を無心で眺めてた印象が残ってます、とにかく凄かった。

この渓の奥の深さには感心するばかりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

ご馳走さま

ご馳走さま

いつもお世話になってます、では帰ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おなかいっぱい

おなかいっぱい

おなかいっぱい

ご馳走さま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹へった

腹へった

今日の晩飯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は

今日は生憎仕事になった、淡水最終戦の予定であったが残念でした。
そしてこれから家族とお出かけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

何故か忙しい

最近何故か忙しい、本当に忙しい仕事を分担するはずの人は知らん顔、それはそれで良いのだが、自分の仕事だけはキッチリして欲しいのである。

その人とはあと半月、今の仕事もあと一ヶ月、正月を挟むのがチョット気になるが。

さてその人はどんな成果を出してくるか今から楽しみである。

ボヤキはこのくらいにして。(これを楽しみにしている人も居るようだが)

師走なので一年を振り返る。

年始めは出張が多く1月2月は出撃は無し、スタートは3月ウミアメから、そしてホームのイワナ、思わぬ所からレインボーが飛び出てビックリした。

4月、大物は出なかったが茶鱒君に大変お世話になった。

5月、山岳渓流の始まり岩魚と遊びつつ山菜採り、山の恵みには感謝!感謝!

6~8月、ヤマメ解禁今年はヤマメ狙いで歩いたなー、それなりの形も見た。

9月、山岳渓流も奥に入る、尺物しかいない渓にも入った、あそこは凄かった。

10月、何時も単独で山に渓にはいっているが、この月あるきっかけでshinyaさんと出会い楽しい釣行が出来た。

11月、本当なら山岳渓流は終わりなのだが、今年は気候のせいかなかなかの釣果が有り11月いっぱいまで出掛けてしまった、雨の日はブラウン祭りもあった、これにはビックリ。

そして12月、雪の中ブラウンのダムへ。

今年はほとんど毎週出撃している、これには自分でも感心している、夏は渇水で苦労した時もあり、アブに集られたときもあったが、平均して楽しい釣行が出来た、この道南は本当に恵まれている、渓流好きには良い場所である。

自然への感謝は忘れてはならないと思う。

Mountain_stream_fishing

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

皆様へ

皆さんへ。

ただいま帰りました。

すいません、このコメントで失礼します。

今日は本当に有り難うございます。

shinyaさん、TKさん、yamameさん、れんたん、

この場でお礼申し上げます。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

ラージャン麺

ラージャン麺

うまいっす

| | コメント (3) | トラックバック (0)

祝って頂きました

祝って頂きました

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うまいっす!

うまいっす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続食事会

続食事会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食事会

食事会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日更新

先週が嘘の様な・・・12月突入来週はどうなるか、

取りあえず今日のノルマ達成かな

今日は寒かったガイド、リール、ルアー、ウェダーまで凍ってバリバリ

雪化粧のブラウンのダムへ、本日の釣行更新完了。

Mountain stream fishing

2006120315

2006120307

| | コメント (2) | トラックバック (0)

40UP 3本

40UP 3本

40UP 3本

40UP 3本

目標クリア

| | コメント (5) | トラックバック (0)

出発

出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

明日は

明日は仕事から解放されます。

解放されれば当然お出かけです、お出かけは当然トラウトの顔を見に行きます、

当然この時期です、行く所は決まってます。

昨日はam1:30まで仕事でした、今日は早く寝ます。

Dscf0779

待っててね!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »