« 食後には | トップページ | 出発 »

2006年6月21日 (水)

週末は

 週も半ばで頭の中は、自分が川の中に立っている姿になってますね、(もう末期症状?)こんな事ではいけません、今週の土日は休みなので何処へ行こうか迷ってますね、前回は先行者に持って行かれてるので、チョト思案中です、前回の河川の状況は年々悪くなってるように思いますね、中流域に大きな堰きも出来ましたし、魚道は有るのですが秋に偵察すると、白くなった鮭が堰き下で集まり産卵をしているのもいました、名前ばかりの魚道を造ればそれで良いと思っているのですかね、頭のいい人の考えてることはわからんですよ。

01 02

 最近は既存の砂防に魚道をつける工事などしてる場所もあります、たとえば昨年、工事をして魚道をつけた所が有りましたが、今年の春の雨一発で詰まって機能しなくなった所も有ります、そこは昨年の工事と言うことで業者さんが土砂や流木を撤去したようですが、また、雨が降って詰まると掃除するのですかね、ボランティアでやっている所もあるようですが、何でも作れば良いってもんじゃ無いですよね、作らせた人が一年に一回ぐらい自分の手で掃除するなんてどうですかね、そこまですると何かが変わると思いますよ。

 くだらないこと書きましたが、やっぱり魚のいっぱい、いる川が好きです。

|

« 食後には | トップページ | 出発 »

コメント

 魚道って機能してる場所やしてない場所・・・してない場所のほうがはっきり言って多いですよ、機能してても昇ってそのまま降りれない場合も有りますしね、無駄な工事を繰り返して公共費用を稼ぐ・・・本当にわざとらしいですよね~!魚道を作りましたから環境に配慮してます的な意味でしょうし、知床の世界遺産も魚道を付けるか砂防を撤去の条件付ですが魚道が機能しない物を付ければあとあと登録抹消なんて可能性も有るんですよね~!本当に行政は解ってるのでしょうか?解ってないですよね!!

投稿: 札幌のイワナ | 2006年6月21日 (水) 午後 07時56分

 イワナさん毎度どうもです、実際行政なんか何にもポリシーなんてもって無いですよ、工事の設計なんか今はほとんど、コンサルに任せっきりだし、それを作る目的より作る自体のプロセスや予算の消化技術力なんかが中心で、それが出来たことによりどんな影響が出るか、本当に必要なのかとか実際に自分の足で調査することなんかほとんど無いですし、それの典型的なのがダムなんですよね、実際電力や飲料水以外のダムはほとんど必要ないですね、近くにあるダムなんか貯水量の調節なんか一切してません、当然ダム管理者は常駐してませんし一日に一度点検に来てるだけ、農業用水なんですけど、これってダムとしての機能はしてないですよね、これはダムではなく頭首工ってやつです、まーそれで変わった鱒もいるわけですが、道内の○○建設部は今まで道内至るところで作っているのです、すべて悪いとは言いませんが、それのおかげで生活出来る人もいるわけで、自分もその中にいる人間ですし、予算の使い方はもう少し考えて消化するばかりでなく、今後北海道に何が役立つ為に使えるか、真剣に考えなくてはと思いますよ、そんなこんなで痛し痒しです。

投稿: BOB | 2006年6月21日 (水) 午後 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末は:

« 食後には | トップページ | 出発 »